2010年07月07日

混ぜると危険!トイレ掃除の注意点

洗剤は、トイレ用洗剤やクレンザーなどに使用されている。トイレの洗剤は、中性、酸性、アルカリ性塩素系が有る。安全な中性タイプは、一般家庭で広く使用されている。酸性タイプは、塩酸が含まれているものが主流の尿石を溶かす作用があり、塩素系は漂白作用があり、強力な業務用だけでなく、一般家庭でも使用されている。 便器の外部と便座は雑巾で水拭きし、汚れが落ちないし、洗剤や殺菌剤を使用する場合は、使用方法に注意しなければならない。真空のウェットティッシュも普及している。床は一般家庭の住宅で、雑巾掛けが主流ですが、公共施設などのトイレは、デッキブラシで拭いて水で洗って、モップ掛けすることが多く、電動フロアポリッシャーを使用することもできる。 その他の洗剤は、クレンザーや石鹸、食器洗剤や住居用洗剤や重曹などが使われることもある。 注意事項塩素系と酸性の洗剤を混ぜると、有毒な塩素ガスが発生することが、浄化槽を使用する場合は、生物に被害を与える恐れがありますので、使用量に注意しなければならない。塩素と酸の洗剤を使用したり、柄付きたわし以外のもので、トイレの中を磨くときに長袖の服、保護メガネ、ゴム手袋、マスク等の保護具着用し、換気を十分に実施することが望ましい。 水垢や尿石などの頑固な汚れは、紙やすり(耐水ペーパー)などを削り、簡単に排除することができます。しかし、使用方法と便器の色、材質への損傷されるので、後にむしろ汚れが付きやすくなってしまう。管理業務は、衛生陶器の表面に釉薬層の損傷の色沢を損なうので、紙やすり(防水紙)、クレンザーを使用していません。 また、温水洗浄便座と暖房便座の洗剤の成分は、破損することができます。また、故障や感電の原因となる。 2006年12月15日TBS系列で放送された情報番組"はなまるマーケット"で便器を熱湯できれいにする方法が紹介され、実際に行って便器を破損させる事故が相次いだ。便器は基本的に陶磁器であり、急激な冷却や加熱による大きな温度変化に非常に弱いので注意を要する。 素手で便器内を磨く行為は、手の傷からの排泄物の微生物が浸透するか、または作業するときに露出した体表の部分に込められている細菌やウイルスによる感染症を引き起こす恐れがある。いくつかの奉仕活動と道徳教育の一環として、素手で便器をきれいにする活動もありますが、基本的には適していない不衛生な行為である。
posted by timtim0432 at 18:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。