2010年07月06日

公衆衛生学の発展とともに徐々に改善

貴族の館、ヴェルサイユ宮殿などはトイレではなく、広々とした庭のバラ園に限らず、花壇が用足しの場所にいたとする。貴族の女性の大きなフレアはきれいなスカートは、そのまましゃがんで、他人から見ることなく、用を済ませるための工夫もあったという。 "ちょっと花を摘みに"という女性、用足しの言い訳はここに由来している。 このような汚れきわまる社会的インフラの不幸な結果が、コレラの大流行である。以来、公衆衛生学の発展とともに、これらの実情は徐々に改善されていった。 ヨーロッパでは、数多くの戦乱の被害を免れた建ての百年の建物(古いものも多い)が現役で使用されていますが、トイレが各家庭に普及されたのはわずか百年前からなので、以前の建物のトイレは階段の下や物置の一角などの隙間に設置されて狭苦しく感じることも多い。 アメリカのトイレの男性小便器は、床置き型のタイプはほとんどなく、壁掛け型がほとんどである。大便器は個室のドアが小さく、膝のあたりまでしかないので、足元は完全に外から見られる。洗面台は必ずと言っていいほどのペーパータオルが備えられている。一方、ハンドドライヤーあまり普及し、提供されている場所でも自分でボタンを押して、動作しているところがほとんどである。大型トイレや公衆トイレで、外部の出入口に扉があることが多い。そしてそこ口外側に冷水機が備えられているところが非常に多い。日本以外の国と同様、温水洗浄便座は、高級ホテルですら見えない。 日本の便所は大きく3つに分類される。そのうちの最も古くからあるものはしゃがんで用を足すことで、和式(わしき)と呼ぶ。第二次世界大戦後の西ヨーロッパから座って用足す便器(洋式(ようしき)という)と男性用小便器が輸入され、一般的になった。 また、この便座は、それぞれ水が流れるタイプの流れないタイプがあり、大便器に関しては水が流れるのは水洗便所、現在のものが落下式便所(ボットン便所)と呼ばれている。
posted by timtim0432 at 15:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。