2010年07月01日

トイレつまり対策や衛生上の問題

世界のトイレ[編集] インドのトイレ便所は、多くの国では個室になっているが、一部は分割されていない国もある。また、用を足した後の始末にトイレットペーパーを使用せずに水洗する習慣を持つ国もある。そのような便所は、写真のインドやトルコのように個室内に蛇口がある。水を用いる地域の気温が高い地域であることが多い。全体的に見れば、完全に他の人の視線を遮断している日本の公衆トイレがよりよいもある。日本人は排泄をする姿を他人に見られることを極端に嫌う、その逆に、入浴を見ることができるのは抵抗を感じない国民であるとしている。欧米では完全に密室にするのは、むしろ犯罪の温床になると思うことを避けられる。ドアを完全に視線をブロックするのではなく、足の部分は、外部から見られる形式のものが多い。 中国のトイレ 北京市内の公共厠所の内部。便器の近代的なステンレス製ですが、間仕切りのないオープンタイプ。中国便所(厠所という)でよく連想されるのが、俗に"ニーハオトイレ"という分けでの共同便所である。これは公衆トイレと勘違いしているが、純粋な公衆便所は、少数の多くは家にトイレがない住民が共有する便所である。最近ではつまり対策や衛生上の問題などで、個室タイプの水洗トイレが推進されており、大都市では多少不足したが、地方都市部と農村部では、まだたくさん見ることができる形式です。 大便器(ほとんど四角い穴か長い溝のみ)の間は、一度、仕切り板に分割されても、部分的に高さ1m程度の場合が多い。扉は無い場合が多く、あっても仕切りの高さかそれ以下である。また、仕切りのない完全なオープンタイプで、四角形の穴や、長い溝だけが存在するということも多く用便の様子が他の利用者に一般的な例である。清朝皇宫便器又名官房如意桶。 しかし、中国では古来、排泄行為を、外国のようにその姿を憚り他人を遮断するのではなく、むしろトイレは、住民がお互いに話をする一種のコミュニティ施設と見なされている。特に地方では、今もその習慣が残っているので、このような便所になったのだ。
posted by timtim0432 at 15:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。